乾燥肌にはコラーゲンとヒアルロン酸どっちがいい?

乾燥肌に欠かせない成分といえばコラーゲンとヒアルロン酸。

コラーゲンは体内に存在するたんぱく質の中でもっとも多い種類、ヒアルロン酸は眼圧の調節に役立っている

どちらも保湿成分として配合されていることが多く、また分子量が大きくそのままでは角質層に浸透しにくいのでナノ化などの技術で低分子化されたうえで配合されることが多いといった共通点があります。

 

では乾燥肌対策にはどちらの方が適しているのでしょうか?

 

この疑問はあまり意味がないともいえます。どちらが優れているのか、乾燥肌に役立つのかといった優越を判断するにはこの2つの成分には相違点も多く、比較ができない部分もあるからです。

 

まず成分としての基本情報を知っておきましょう。

 

コラーゲンとはたんぱく質の一種、肌だけでなく骨や軟骨など全身のさまざまな場所に存在し、体内に存在するたんぱく質の中でももっとも多い種類です。

 

一方ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれる種類に分類される成分で、こちらも全身のさまざまな部分に存在しており、コラーゲンとの違いでは眼圧の調節に役立っている点が挙げられます。

 

ですからヒアルロン酸が不足すると肌だけでなく目も乾燥しやすくなり、かすみ目などのトラブルが起こりやすくなります。ですから日ごろデスクワークやスマホなどで目を酷使する環境にある方にとってはヒアルロン酸の方がいい、という考え方もできます。

どちらが優れている、というよりはお互いをうまく摂取することで相乗効果も期待できるので両方摂取したい

そのうえでそれぞれの役割を確認してみましょう。

 

コラーゲンは真皮層において肌を支える役割を担っていることが有名ですが、角質層においては細胞と細胞の間にとどまることで保湿成分として活躍するだけでなく、角質層の構造を維持する役割も担っています。

 

よくスキンケア製品で分子量が異なる複数のコラーゲンを併せて配合することで角質層全般に浸透させるケースが見られますが、これも構造を維持することで角質層全体の保湿力を向上・維持させることが目的です。

 

それに対してヒアルロン酸は水分を抱え込んで保つ役割を担っています。

 

乾燥肌になるとこの成分が不足するほか、皮脂膜を形成している皮脂の分泌量が不足することで水分やスキンケア製品で補った有効成分が蒸発しやすくなってしまいます。

 

ですからヒアルロン酸が不足しているといくらスキンケア製品で一生懸命ケアしても十分な効果が期待できないわけです。

 

つまり、乾燥肌のケアではコラーゲンで角質層の構造を整え、ヒアルロン酸で水分をしっかり維持できる環境づくりが欠かせないのです。

 

そのためどちらが優れている、どちらを補ったほうがいい、ではなくこの2つの成分はお互いを補い合いながら相乗効果を発揮する部分があるので両方うまく補っていくことが必要なのです。

美肌対策で使ってみたい美容ドリンク口コミ人気ランキング

美白対策に使ってみたい人気の美容ドリンク

サントリー リフタージュ

高級美容成分プロテオグリカン配合!飲料メーカーこだわりの美味しい美容ドリンク
10本入4,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク(ピーチ)

美肌ドリンクおすすめ

1億本突破!コラーゲンとセラミドがWで摂れる森永の激ウマ美容ドリンク
30本1か月分6,075円・税込/定期初回4,860円(2回目以降5,466円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!
ポーラ ビューティアップ 美トロア

女性の美と健康をトータルサポート!質の良い眠りもサポートする美容ドリンク
10本入4,860円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!