馬プラセンタと豚プラセンタに違いはある?

馬プラセンタと豚プラセンタの比較では一般的に馬プラセンタの方が優れているといわれます。

現在では馬プラセンタと豚プラセンタのアミノ酸含有量にも大きな差異はないことが判明

実際にプラセンタ配合のサプリメント、スキンケア製品では馬プラセンタを配合している製品ほど高級志向や稀少価値をアピールしている傾向があり、製品の選択に迷ったときには馬プラセンタを選ぶ人が多いようです。

 

しかし実際のところどの程度の違いがあるのでしょうか?

 

この点は数年前までのイメージが現在まで引きずられてしまっている面もたぶんにあります。それは両者におけるアミノ酸の含有量です。

 

かつて馬プラセンタは豚プラセンタに比べて圧倒的にアミノ酸の含有量が多いとされており、あるデータではじつに294倍という数字も出ていました。

 

この点こそ馬プラセンタが優れている最大の根拠とされていたのですが、現在ではこのデータは材料となったプラセンタに問題があったといわれており、正しいデータとは扱われていません。

 

では本当のところはどうなのか?現在の研究では馬プラセンタのアミノ酸含有量は豚プラセンタのおよそ1.2〜1.4倍程度といわれています。かつての数百倍に比べるとあまりメリットがなくなったといってもよいでしょう。

一緒に配合されている成分など総合的にサプリを比較検討して判断する方が良い

その一方、含まれているアミノ酸に関する研究が進んでおり、現在では馬プラセンタには豚プラセンタには含まれていない6種類のアミノ酸が含まれていることがわかっています。

 

その分幅広くアミノ酸を摂取できるため、美容・健康両面にメリットがあると考えられています。

 

もうひとつ、かつては馬プラセンタと豚プラセンタの違いとして指摘されていたのが安全性の問題です。

 

馬は豚に比べて体温が高く、寄生虫がすみにくい傾向があります。そのため馬の胎盤由来の方が豚の胎盤由来よりも安全性が高く、安心して使用できるというわけです。

 

しかし現在のプラセンタ製品の製造過程では安全面・衛生面ともに徹底されているのでもし仮に豚の胎盤から抽出されたエキスに寄生虫が入り込んでいたとしても製品化されるまで残っていることはまず考えられません。

 

さらに豚を飼育する際には農薬を使用したエサを使用するので安全性に問題があるとの意見もありましたが、現在では化学肥料や農薬を使用せずに育てた豚を原材料にしたプラセンタがほとんどです。

 

ですから違いといえばアミノ酸に関しては馬の方が優れている、価格に関しては大量生産ができる分豚プラセンタの方がよい、といったくらいでしょうか。

 

以前言われていたほど大きな違いがないというのが現在主流となっている見解です。プラセンタ製品を選ぶ際にはそれほど神経質に考える必要はなく、一緒に配合されている成分など総合的な面で判断したほうが賢い選択ができる面もありそうです。

美肌対策で使ってみたい美容ドリンク口コミ人気ランキング

美白対策に使ってみたい人気の美容ドリンク

サントリー リフタージュ

高級美容成分プロテオグリカン配合!飲料メーカーこだわりの美味しい美容ドリンク
10本入4,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク(ピーチ)

美肌ドリンクおすすめ

1億本突破!コラーゲンとセラミドがWで摂れる森永の激ウマ美容ドリンク
30本1か月分6,075円・税込/定期初回4,860円(2回目以降5,466円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!
ポーラ ビューティアップ 美トロア

女性の美と健康をトータルサポート!質の良い眠りもサポートする美容ドリンク
10本入4,860円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!