正しい洗顔料の選び方や洗顔方法って?

洗顔を正しくできているか?これがスキンケア全体を左右するどころか肌環境を決定付け、さらには肌トラブルの原因を引き起こしてしまうこともあります。

肌に優しいとされる弱酸性では十分な洗浄効果が得られないこともある

スキンケアというとどうしても化粧水や美容液で水分や有効成分を「補う」ことに目を向けてしまいがちですが、汚れなどを「落とす」洗顔にもしっかりと目を向けて適切な環境を整えていくことが大事です。

 

正しい洗顔料の選び方は肌に合っているかどうかに尽きます。この「肌に合っている」とは負担をかけない範囲内で汚れをしっかり落とすことができるかどうか、です。

 

現代人はどうしても清潔意識が過剰になってしまっていることもあって刺激の強い洗顔料で一生懸命洗ってしまった結果肌に大きな負担をかけたり、乾燥を加速させてしまっていることが多いのです。

 

しかし一方で低刺激を意識しすぎるあまり汚れを落としきれない問題も出てきます。このバランスをどうとることができるかが正しい洗顔料選びの要といえるでしょう。

 

この刺激と洗浄力のバランスではアルカリ性、とくに微アルカリ性と呼ばれる洗顔料がもっとも理想的といわれています。

 

よく弱酸性の洗顔料が低刺激を売りにして発売されていますが、もともと人間の肌は弱酸性、洗浄効果を得るためにはアルカリ性の刺激を与える必要があるため、弱酸性では十分な洗浄効果が得られないこともあります。

洗顔は泡の力で落とすことが大事、泡立ちや泡持ちが良い洗顔料を選びたい

人間の肌はアルカリ性の刺激を受けても数分ほど経過するともとの弱酸性の状態に戻るので(アルカリ中和能力)アルカリ性の洗顔料が大きな問題を引き起こすことは基本的にはありません。

 

洗顔料選びではこうした点にも着目して起きましょう。ただ「基本的には」というのが要注意で、刺激に極端に敏感になってしまっている状態ではアルカリ性の洗顔料は適さないこともあります。

 

最終的には自分で判断することになるわけです。

 

洗顔方法では何よりも泡の力で落とすことが大事です。泡が十分でないとどうしても指で擦って洗ってしまうので肌に摩擦の刺激が生じます。

 

また毛穴の汚れは指で擦っても十分に落ちず、泡の粒子が毛穴の奥に入り込んで絡みとることで除去していきます。

 

これは洗顔料選びとも関わってくる部分ですが、泡立ちがよく泡が長持ちする洗顔料をしっかりと泡立てたうえで使っていく必要があります。そして指は軽く肌に触れる程度で泡をよくなじませながら洗っていきましょう。

 

事前のお湯洗いとすすぎも忘れないようにしましょう。

 

どちらもあまり熱すぎないぬるま湯で行うのがポイント、とくにすすぎは十分に時間をかけ、洗顔料の成分が肌に残って負担にならないように気をつける必要があります。

美肌対策で使ってみたい美容ドリンク口コミ人気ランキング

美白対策に使ってみたい人気の美容ドリンク

サントリー リフタージュ

高級美容成分プロテオグリカン配合!飲料メーカーこだわりの美味しい美容ドリンク
10本入4,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク(ピーチ)

美肌ドリンクおすすめ

1億本突破!コラーゲンとセラミドがWで摂れる森永の激ウマ美容ドリンク
30本1か月分6,075円・税込/定期初回4,860円(2回目以降5,466円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!
ポーラ ビューティアップ 美トロア

女性の美と健康をトータルサポート!質の良い眠りもサポートする美容ドリンク
10本入4,860円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!