肌の調子は生理周期とどう関係ある?

肌の調子はつねに一定ではなく短い期間でもかなり変化するものです。

肌の調子はエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌量で変わってくる

だからこそスキンケアが難しい部分があるわけですが、女性の場合は生活習慣や季節だけでなく体の体調、とくに生理周期の影響を受けやすい面があります。

 

ですから日々のスキンケアも生理周期を確認したうえで適切なケアを行っていく、といった工夫も求められるわけです。

 

生理周期では生理や排卵といった周期の中でエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌量が変化しバランスが移り変わっていきます。

 

この2つの女性ホルモンが肌環境に大きな影響を及ぼすのです。

 

排卵から生理まではプロゲステロンが優位な状態になります。こちらのホルモンは皮脂分泌を増加させる働きがあるため、どうしても毛穴が詰まりやすくニキビのリスクが上昇してしまいます。

 

さらに排卵日以降になると肌のバリア機能が低下するため雑菌が繁殖しやすくなるので皮脂をエサに増殖することでますます肌が荒れやすくなってしまうのです。

 

一方生理後になるとエストロゲンの分泌量が増加しプロゲステロンに変わって優位になります。

 

こちらのホルモンはコラーゲンやセラミドの生成量を増やし、血行を改善するなどの働きで肌に潤いをもたらし健康状態を改善へと導いてくれます。

 

生理周期のうちで生理後1週間くらいがもっとも調子がよい時期なのです。その後エストロゲンとプロゲステロンのバランスが落ち着いていくにつれてよくも悪くもない、「普通の」状態になっていきます。

新しい化粧品を試すときは生理後のバリア機能がしっかり機能している時期がオススメ

このように排卵から生理までは肌の調子が悪くなりやすく、生理後に調子がよくなっていくというメカニズムが約1ヵ月周期で巡っていくことになります。

 

この点を踏まえたうえでケア環境を意識していくことが大事なのです。

 

たとえば生理前はできるだけ低刺激を意識して過剰なケアは避ける、逆に生理後は入念なケアとともに有効成分をしっかり補って肌環境そのものの改善を図る。

 

新しい化粧品を試してみたい、という場合も生理後のバリア機能がしっかり機能している時期がお勧めです。この時期に効果が得られるかどうかで製品のよしあしを判断することもできるでしょう。

 

そして排卵日以降のバリア機能が低下している時期でも問題なく使用できるかどうかもチェックしておくことも大事です。

 

女性の体は初潮から閉経までの間生理周期にコントロールされるといってもよい部分があるだけに、スキンケアとのかかわりもしっかり意識しておきましょう。

 

またホルモンバランス、生理周期の乱れが肌環境に悪影響を及ぼすこともあるだけにスキンケアだけでなく心身の健康の維持も心がけましょう。

美肌対策で使ってみたい美容ドリンク口コミ人気ランキング

美白対策に使ってみたい人気の美容ドリンク

サントリー リフタージュ

高級美容成分プロテオグリカン配合!飲料メーカーこだわりの美味しい美容ドリンク
10本入4,000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク(ピーチ)

美肌ドリンクおすすめ

1億本突破!コラーゲンとセラミドがWで摂れる森永の激ウマ美容ドリンク
30本1か月分6,075円・税込/定期初回4,860円(2回目以降5,466円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!
ポーラ ビューティアップ 美トロア

女性の美と健康をトータルサポート!質の良い眠りもサポートする美容ドリンク
10本入4,860円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!